カテゴリー
未分類

アウトプットの大切さ

日本のこれまでの教育はいかに知識を持っているかを問われてきました。

小学校、中学校、高校、大学と試験や入試を経験すると分かることですが、だいたいの問題が覚えることによって解を得ることができます。

問題に対して答えは1つ。

大人になってもやっぱりインプットがどれだけできるかが問われます。

例えば、資格試験の制度もそうですね。

企業によっては資格を取得すると月額の手当てがもらえたりもします。

ただ、よく考えてみてください。

いまやネットを検索すればだいたいの情報を得ることができます。正確性などは玉石混交ではありますので情報の精査は必要ではあります。

弁護士や税理士などの専門家も専門サイトで無料で答えてくれることもあります。(回答してくれる限度はあります)

これからさらにその流れは強くなると思います。

覚えることよりもアウトプットして誰かに価値を提供できること。そのことの方が求められているようにも思います。

私も日ごろから色々なことを学んでいるのですが、必ずアウトプットをするようにしています。

例えばブログなどに更新することも一つのアウトプットです。
アウトプットするには正しく理解していることが必要です。
頭の中で考えをまとめられないと文章にすることができません。

アウトプットする過程の中で自分の思考の整理もできますし、分かっていること分からないことも明確になります。

実は私自身は他にも専門的なブログを複数運営しているのですが、そこでは自ら学んだことをアウトプットする良い場所としても活用できるわけです。

さらに読んでくださる訪問者様、読者様がいてくれると思うとより洗練された情報を提供しようとインプット側にも力が入るという好循環が生まれます。

検索エンジンなどで調べれば、ほぼ全ての情報がを得ることができる現代においては知っていること自体にそれほどの価値はありません。

その知っていることをどれだけどのように活用できるのかに重きが置かれる時代はもうすぐそこに迫っています。

というよりも、既にその時代になっているのかもしれません。

これからもアウトプットに軸足をおいてマッハスピードで学んでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です